Rena & Halu

chibicchos.exblog.jp ブログトップ

2年目の行事

Rena宛に獣医さんからハガキが届いた。2年目のワクチンの通知だ。あぁもうあれから1年経つのか、などと、感慨にふけったりして。。。
b0052652_21422059.jpg
Renaです。2004年5月撮影!


HaluはRenaより2ヶ月若いので、ワクチンは2ヶ月先だ。ワクチン投与後24時間は安静にしている必要があるが、Renaだけを安静に24時間保つためには、Haluと隔離しなくてはならない。それは結構面倒くさい。どうせ2ヶ月後にはHaluもワクチンを受けさせなくてはいけないので、獣医さんに相談して今回Renaと一緒にHaluも2年目のワクチンを受けさせることにした。
b0052652_21431111.jpg
Rena&Haluです。2004年7月撮影!



そういえば5月末からフィラリアの薬も飲ませなくちゃならない。それからフロントラインも始めなくてはならない。そうね、この際今回一度にやってしまおう、ついでに耳&爪&肛門線もおねがいしちゃおう。と、少々暑い日だったが気合を入れて2頭をひっぱって獣医さんまでいくことにした。
b0052652_2143513.jpg
Rena&Haluです。2004年7月撮影!


病院に着いてから思い出したが、1ヶ月前にフィラリア予防のための血液検査をした。その結果、Haluの蛋白質値が少々標準より低かったため、「来月また検査してみましょう」と先生に言われたのを思い出した。そういう訳でHaluの血液検査もしなければならなかったのだ。ま、時間かかっても一度に終るんだからいいよねぇ、などと思いながら、診察室へ入った。先生に「フィラリアのお薬は何か月分出しますか?」と聞かれ、ふと自分の財布の中身のことが気になった。3万は入っている筈だ。「足りるかなぁ?」という不安が広がったのでフィラリアのお薬は1ヶ月分だけいただくことにした。Haluの血液検査の結果も心配ではあったが、それ以上に今日の診察でお金が足りるかどうかが心配で仕方がない!近くにコンビニがあるのでイザとなったらATMでお金をおろしてこよう、私の持っているクレジットカードでも払えるか聞いてみることにしよう、などと、内心ビクビクしながら会計を待つことになった。
b0052652_2147418.jpg
Haluです。2004年7月撮影!


Haluの血液検査の結果は標準値がでた!一安心だ。で、今日の診療料は??うぅう~、3万円でお釣りが少々戻ってきた。どうにか恥をかかずにすんだ。金額を聞いたとき、平静を装っていたが、実は心の中ではガッツポーズ。こんなことにも勝負を掛けてしまう自分の性格が憎かった。が、まぁなにはともあれ帰路は足取りだけでなく財布の中身もそうとう軽くなった。
b0052652_21453949.jpg
Rena&Haluです。2005年5月撮影!


お金は予想以上にかかったけど、これで暫くは安心して過ごせる筈、、、と思うも束の間、自宅に到着するや否やHaluが急に玄関先でもどしてしまった。急なことだったので少し驚いたが、Halu自身はケロっとしているので「暑さにあたったかな~」くらいにしか思わず、すぐに涼しい部屋で休ませることにしてまずは水を与えた。その間に汚れた玄関先を片付けて部屋に戻ると、どうやらまたもどした様子。部屋が汚れてしまっていた。まぁ1度吐いたりすると、結構癖になるからなぁ、などと能天気に考えていた。が、その日の夕飯後も吐いてしまった。それでもHaluは元気にしている。嫌な感じだが、グッタリしている訳でもないので一晩様子をみることにした。もしかするとワクチンのアレルギーかもしれない。翌朝ももどしたら病院に連れて行こう、と決めて床に就く。
b0052652_2144368.jpg
Rena&Haluです。2005年5月撮影!


Renaにはいつもどおりの食事、Haluにはサツマイモをゆでて少しだけ与えてみた。Haluは食欲はあるようでパクつくもののすぐに戻してしまう。結局獣医さんに電話で相談したところ、「連れてきてください」との指示。Haluの胃の中は空っぽのはずなので、今回は歩かせずに車に乗せて病院に連れていった。やはり「ワクチンのアレルギーかもしれない」とのことでアレルギーを緩和する注射と吐き気止めの注射をしてもらい、5日分の胃薬をいただいた。去年ワクチンを受けたときには何も問題がなかったのに、Haluは今回は体調が悪かったのか?来年のワクチンの時は注意してあげないとね。気が付かずにごめんよHalu、と反省。病院から戻ってからは、注射が効いたのか、アレルギーが治まったのか、Haluは食べてももどさなくなった。
RenaはHaluだけを連れてでかけたのでやきもちを焼いて怒っているようだ。困ったものだ。

で、結果、この日の診察で前日のお釣りが全て消えた。うぅうぅっ。
[PR]
by chibicchos | 2005-06-01 22:01 | Companion | Comments(8)
Commented by アメリママ at 2005-06-02 21:18 x
二重の意味で大変でしたね。
わたしは病院で2・3回借金した事があります(お恥ずかしい)
何故かと言うとPepeは具合が悪いと散歩の時私を引っ張って病院へ行くんです(不思議だけど本当なんです)
突然行く事になるので、持ち合わせが無いんですが・・・
そうじゃなくても、検査とか予防接種などはお財布の中が心配になります。

アメリもこの前もどしてその時の吐き気止めの注射で副作用が。
呼吸が異常に速くて、心配しましたがしばらくして収まりましたが恐かったです。
お大事に!
Commented by chibicchos at 2005-06-03 14:13
>アメリママ、Pepeちゃんてホント頭のイイコだったんですね。感動!
多くの犬達は病院を避けたがるのに、自ら飼い主さんを引っ張っていくなんて・・・。病院は病気を治してくれるところって、Pepeちゃんは理解していたんですね。
しかしながら、獣医さんに行くと本当にお金かかりますよねー。
今流行りのペット保険てどうなんだろう?などと今回のことで考えてしまいました。
アメリちゃんもウチのワン達もまだ若いので必要ないかもしれませんが、10年後はどうなってるのかなぁ、なんて、ちょっと心配になっちゃいました。
Commented by アメリママ at 2005-06-03 21:30 x
pepeが頭が良かったわけではないんです、飼主が鈍いので自分が連れて行かなくちゃと思ったんじゃないかしら・・・
病院大好きな変な子だったんです(先生がくれるおやつに目がくらんでいたんです)
本当に具合が悪くなると、かかりましたよ!
レントゲン・血液検査・細胞検査・薬など・・・
それを考えると保険をとも思うんですが、まだ加入していません。
ルフュママが詳しいですよ(加入していましたし、以前に書き込みしていましたよ)
Commented by chibicchos at 2005-06-06 21:30
>アメリママ、やっぱりPepeちゃんは賢いですって。
だってアメリママの性格をPepeちゃんは見抜いていたんですもの(失礼!)。
私の前に飼っていたLEOというワンは子宮脳腫にかかった時に子宮を摘出する大きい手術をしたのですが、その時は結構いい額になっちゃいました。それから最後の1年は月に1度の血液検査に連れていかねばならなかったし、毎日朝晩欠かさず薬を飲ませていました。お金も結構かかったかな。。。
そんな経験からするとやっぱり保険は必要?備えあれば憂いナシですかね。
Commented by moko3ramu3 at 2005-06-07 01:16 x
いつも、楽しく拝読させていただいております。同じく、ホワイトテリア×2=♀を飼っています。Renaちゃん、かわいいですね。うちは、二匹テリアがいるもので、それはそれは費用がかかりまして…。ペット保険?もあるなら、うちも入りたいくらいてすよ。
Commented by chibicchos at 2005-06-08 21:43
>moko3ramu3 さん、はじめまして。
遊びにきていただいてありがとうございます。あまり更新しないのでお恥ずかしい次第です。
ホワイトテリア2頭を飼われているなんて!すごい!尊敬しちゃいます。何せ私はテリアの多頭飼を諦めた人間なので・・・。
Blogも拝見させていただきました。ほぼ毎日の更新は凄い・・・。しかも内容もアカデミック!ここでもまた尊敬です。
モコちゃんもラムちゃんも滅茶苦茶かわいいですね。たまりません!
ウェスティは2歳過ぎるとアレルギーが出るコが多いと聞いています。2匹は今何歳ですか?Renaはまだ1歳6ヶ月なので、これからが心配。
ですので、ペット保険真面目にちょっと調べようと思っています。いい情報があったらアップしてみます。

どうぞこれからもよろしくお願いします。
Commented by moko3ramu3 at 2005-06-09 01:40 x
 ブログ、みていただいてありがとうございます。たわいもないことを書きなぐっているので、恥ずかしい限りです。
 テリアの二匹は、正直、相当大変ですよ。テリア気質×2、ですから(笑)。うちのワンコは、姉妹でふたりとも6才です。ラムの方は、まったくといっていいほど病気をしないのですが、モコの方はアレルギーっていうか、皮膚病みたいなのには、かかってしまいました。手(=前足)はいまでも、数日に一回は殺菌消毒してます。そのほかにも、いろいろな病気にかかりました。いまは、元気ですけれど、その治療費の総計たるや…(涙)。ちなみに、いまも病院食(?)。もうそろそろ、おわる予定です。元気、元気でよ。
 僕は、ワンコたちが1~2才のころの成長振りをあまりみられなかったのでRenaちゃんとHaluちゃんと過ごせるのが、すごくうらやましかったりします(笑)。
 テリアは、手はかかりますが人なつっこいから、かわいいでよね。保険について、情報があったらぜひ教えてくださいね。これからも、いろいろとおしえてくださいね。
Commented by chibicchos at 2005-06-10 21:02
>moko3ramu3さん、2匹はもう6歳なんですか!?
モコちゃんもラムちゃんも写真の印象ではまだRenaと同じくらいか、もうちょっと若いんじゃないかと思ってました。
実はすっごい先輩だったんですね。これからはホワイトテリアのこといろいろと教えてください(なんて、図々しい)。
皮膚病は一度かかってしまうと完治するのが難しいようですね。一日も早くモコちゃんの病院食(?)の日々が終ることをお祈りしています。

テリア気質、、、そんなどうしようもない強気で頑固なところが私にはかわいくてたまりません。ウェスティを飼われている方は「一度飼ったらやめられない」と皆さんおっしゃいますけど、私も120%そのように感じてしまっています。
かわいい姉妹のBlog、、、また楽しみが一つ増えてしまいました。