Rena & Halu

chibicchos.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

再会!

本日はちょっとうれしい出来事があった。
Rena & Haluを駒沢公園のドッグランに連れて行くのが、私の一つの週末の楽しみとなっている。だいたいいつもは土曜日に行くことが多いのだが、今週は土曜日にちょいとした用事があったため、本日になってしまった。

ランに着いてほんの10分、すごく元気なプチバセがランにやってきた。初めて見るコだった。そしてそのコはランにいるどのワンよりも元気に走り回り、他のワン達にちょっかいをだしてる、その姿はまさに私の理想のプチのあるべき姿だ。「あ~、いいな~。Haluもあんな感じで走り回ってくれればいいのに。」なんて途中で合流した私の妹夫婦にもらしたりしていた。
b0052652_1949850.jpg
駒沢にやってきたホワイト&オレンジのプチ。
なんか誰かに似ている・・・。

そのコの色はホワイト&オレンジでなんとなくHaluによく似ているなぁ、なんて思いながら、暫し目を細めてみていた。。。ん?あれ?もしや?と思いすぐにそのコの飼い主さんを探し出し、名前を聞いてみると「ミルク」。以前Haluを世話してくれたペットショップDRからHaluの妹の名前を聞いて知っていた。その名は「ミルク」。それからよくミルクちゃんは駒沢に出没するとも言っていた。だから「ミルク」という名のそのプチはHaluの実の妹かも、、、。よく見ると飼い主さんにも見覚えが・・・以前ミルクちゃんが掲載された雑誌に一緒に写っていた綺麗な女性だ。早速飼い主さんにミルクちゃんの生年月日と購入したペットショップ等を聞いてみた。
そしてそのプチがHaluと一緒に生まれた妹のミルクちゃんだということを確認した!(^^)!。
b0052652_19404487.jpg
なんとHaluと一緒に生まれた実の妹だった!名前はミルクちゃん!

犬同士は全く覚えていなかったようだが、すごくうれしくて写真を何枚か撮らせてもらった。Haluもミルクちゃんも一時もじっとしてくれなかったので、あまりうまく写真に収まってくれなかったが、一応記念撮影らしきものが撮れた。
b0052652_19411681.jpg
無理やり押さえ込んで撮影したショット。2匹とも自分勝手(^^ゞ。
右ミルクちゃん、左Halu、どっちがお姉ちゃんかわからないね。


ミルクちゃんはHaluと違い、すごくプチバセらしく、すでに、顔も身体ももじゃもじゃだ。遊び上手だし、うらやましい。Puppyの頃はミルクちゃんがあまりに小さく頼りなげだったので、元気そうなHaluを我が家に迎えることにしたのに、今ではあの弱々しかったPuppyの頃の面影なく、滅茶苦茶元気だった。
我が家の何がいけなかったのか。。。また考えさせられてしまった。

b0052652_19415652.jpgb0052652_19421170.jpg
40日頃のミルクちゃん(左)とHalu(右)。ミルクちゃんはこんなにヨチヨチだった。


ミルクちゃんは駒沢公園の近くに住んでいるそうなので、殆ど毎日駒沢に来ているそうだ。なのでまた会える日を楽しみにお別れしてきた。

Haluは弟と妹と3匹で東京のペットショップにやってきた。弟のスパイク君とは昨年の11月に会うことができた。今日妹のミルクちゃんと会うことができ、私は大満足である!
b0052652_19423738.jpg
昨年11月にやはり駒沢で会った弟のスパイク君(左)。右はHalu。
このとき既にスパイク君は体重14キロを超えていたらしい。Haluの体重はこの時から殆ど変わっていない。

ワン達は何が起きたか多分さっぱりわかっていないであろうが。。。
あーいい一日であった。

◆◆◆Renaのストルバイト尿石症◆◆◆

b0052652_19425636.jpgRenaの3月26日の尿検査の結果、ph値は6、またまたカケラが、、、。薬の数はそのままにして、また来週検査にいくことになりました。早く薬を飲まなくてもすむようになるといいのですが、なかなか完治してくれません。もう少しなのに・・・。
←大好きな義弟にダッコされて幸せ顔のRena。Renaは一人っ子・・・。
[PR]
by chibicchos | 2005-03-27 20:32 | Meeting

3人娘 vs Chibicchos

この3連休を利用してまたまた兄ファミリーがやってきた(^・^)。
兄夫婦の目的はお彼岸でお墓参りをすること。が、どうやら3人娘のお目当てはワン2匹と遊ぶことだ。兄ファミリーのところでは白い秋田犬(♂)を飼っている。いくらワン好きでもさすがにあれだけ大きい秋田犬と室内で遊ぶような危険なことはしないらしい。もちろんお散歩も子供たちだけでは無理だ。多分私にも無理だろう。
b0052652_1401814.jpg
兄ファミリー家の白い秋田犬「Shiro」8ヶ月頃の写真。・・・大きい・・・(-_-;)。

だから3人娘にとってRenaとHaluはちょうどいいサイズなのだ。ありがたいことに容赦なく2匹をかわいがってくれる。2匹も大人しく、とてもイイコにしている。
b0052652_148185.jpg
イイコにしている2匹(駒沢公園にて)

前から思っていたのだがRenaはすごく子供が好きみたいだ。前から子供を見ると尻尾をフリフリ、立ち上がったりして特別うれしそうに甘える。Haluも子供に対してRenaと同じような態度を示すが、Renaのマネばかりしているので本当に子供好きかどうかはわからない・・・。そんな喜ぶ2匹の姿をみればワン大好きの3人娘たちは余計に喜んで彼女たちをかわいがってくれる。2匹はなされるがままだ。
最初のうちはうれしくてもそれが1日中続くとそのうち辛くなってくるらしい。ま、だいたい夕方近くになると、「ゔ~っ」とか言って、たまに威嚇してみたり、それぞれ椅子の下に避難して助けを求めるような目線を私に送ってくる。勿論助けてあげないけど^^;。私はそんな2匹を面白がってみている。←なんせ私はCoolな飼い主だから・・・(-_-;)。

b0052652_1425695.jpgb0052652_1432882.jpg
まだ朝の散歩に行く前なのにそれぞれ勝手にぐったりしている様子。

そんなこんなで兄ファミリーがやってくると2匹はそうとう充実した1日を過ごすことになる。で、だいたい兄ファミリーが帰った翌日はRenaだけでなくあのタフで悪戯好きのHaluまでもが、とってもおとなしくしてくれている。というかグッタリしている。そういえば前飼っていたLEO(♀・MIX)は兄ファミリー訪問翌日には必ず具合が悪くなって吐いたりしていた。きっとワンなりに気を遣い消耗しきってしまうのだろう。。。などと思い出しながらも、ふと、もっと3人娘がちょくちょく遊びにきてくれると、Haluにいろいろなものを破壊される心配も減るのに・・・などと思ってしまった。あ゙ー、まだ私は革手袋のことを根に持っているのだ。私ってなんて小さいんだろう(>_<)。

◆◆◆Renaのストルバイト尿石症◆◆◆

Renaの3月19日の尿検査の結果、ph値は5まで下がり標準値を保っています。薬も一つ減りました。1週間後の検査結果がよければ、その後は薬は飲まなく、食事療法のみでいいそうです。ただ尿検査は定期的に行なう必要があるらしいのですが。。。
[PR]
by chibicchos | 2005-03-21 13:32 | General

Oh! Myっ・・・!

・・・ほんの一瞬の気の緩みが・・・。そう、自分が悪かったのだ・・・。
悲しい出来事は先週の月曜日に起きた。私がPCで作業をしていたときだ。ちょっと集中しすぎてチビ達の居場所を確認するのをうっかり忘れていた。私がPCをいじっているとだいたいRenaは私の足元でじっとしている。Haluはというと何かしら使って大暴れしている。たいていその辺の縫ぐるみだったり、おやつだったりを噛んだり投げたりして、または机の上の何か人間にとって大切なものを狙ってピョンピョンしている。だからどんな時でもHaluの動きには要注意でないなければならない。
b0052652_0403830.jpg
布製のバッグを破壊中のHalu

が、その時、そのことをわすれるくらい集中してしまった。すごーく深いところにいたような気がする。Renaはいつもどおりすぐ下にいる。相変わらずかわいいっ!で、ふと気づくとHaluがやけに静かだ。ん?なんだ?何かソファの上で抱えててしきりに噛み砕いている。え?何っ?とHaluの近くに行くと、彼女が夢中になっていたのは私のお気に入りのMadovaの革手袋。明らかに手袋の破片と思われるものが彼女の周りに散らばっている。。。ど・・・どうしてそれを?それは私のバッグの中にあったはずのもの。で、他にもいろいろあったのによりにもよってなんで一番やってほしくないことをやってくれるのか?悲しすぎる。あわてて手袋を取り上げる。外部の革の部分はどうにか無事だったが、内側の毛糸の部分が大きく損傷した。。。前から異常にこの皮手袋に興味を示していたのは知っている。でもこんなしなくても・・・。どうして?いくら嘆いても後悔してももう遅い。

b0052652_039556.jpgb0052652_0402520.jpg

外見はどうにか大丈夫・・・でも内側が・・・
ごめんね、KT(KN)のお土産だったのに・・・。まだ使えるよね?どうにか使うから!


こんなワラって許せないようなしたときはつい注意するときの声も大きくなってしまう。よく「犬を躾をするときは怒ってはいけない」というようなことが育犬本に書いてあるが、とてもそこまで寛大にはなれない。思わずドメスティックバイオレンスに走りそうになる。が、そこはグッとこらえて、怒りと悲しみをHaluの座っていたソファにぶつけるに留めた。それでもHaluは私のゲキリンに触れ、しばし涙目、しょんぼりしてしまった。Renaも驚いてテーブルの下に避難。暫く放っておいたが、Haluのしょんぼりしている姿があまりにかわいかったので、「Halu~こっちおいで~♪」と声をかけたら、漸くシッポをふりふりっとして元気を取り戻した。そしてかつて手袋の一部であった毛糸の塊で遊び始めた・・・。やはり、、、懲りてない?
b0052652_0393545.jpg
Rena vs Haluのひっぱりっこ

プチの飼い主の皆さんが口々に「プチはしつこい・こりない・あきらめない」という。とてもよくわかる。そして今回また身をもって体験してしまった。プチと同居している方々!大切なものは箱の中にしまっておきましょう!←再確認!

暫くこの出来事に触れたくはなかったが、漸く書けるところまで立ち直った。自分が悪かったと思えるようになるまで1週間かかった。
[PR]
by chibicchos | 2005-03-14 01:01 | Companion

ストルバイト尿石症

ヒート開始から4週間経ってもRenaの尿に血液らしいものが混じったりしていたので、いよいよ病院に連れて行くことにした。で、尿検査をした結果、ストルバイト尿石症ということだった。免疫力が下がった際に細菌感染したり、食事中のミネラルバランスが崩れたりするのが原因だそうだ。ヒートが始まってからすぐにRenaの尿の切れが悪そうな感じだったけど、もしかしてその頃から既に発症していたのかも。
b0052652_233592.jpg
昨年10月以降トリミングしていないのでそうとうモシャモシャしてきたRena

症状は心配するほどの重症ではないとのことで、食事療法と薬で治療していくことになった。治療食として病院で出してもらったのはHill'ss/dWalthamphコントロールというものだ。Renaが食べてくれるかどうかが心配ではあったが、そんな心配をよそにペロリと食べてくれた。ただ困ったことに相変わらずHaluはRenaが自分よりいいものを食べてるんじゃないか、とそればかり気になるようでRenaの治療食が気になって仕方がない。。。度々盗み食い現場を見かけている。ま、健康なコが食べても問題ないということなので、その辺は大目に見ることにした。
b0052652_2334911.jpg
やわらかいもの好き。私の毛布を奪い取って得意顔のHalu

Renaに薬を与え始めのころは何も疑うことなくパクッと飲み込んでくれていたのに、1週間も経つとなかなかそうもいかなくなって来る。そこで役立つのがニュートリカルだ。ニュートリカルはカロリー・ビタミン・ミネラルサプリメントで、パピーの頃よく与えていた。嗜好性がそうとういいみたいで、薬をこれに塗して与えると喜んで食いついてくれる。これがあれば薬の数が多くても安心だ。
b0052652_2361541.jpg
いつも微妙な距離を置くRenaとHalu

Renaの治療は現在で3週目に入る。運動をいっぱいさせて、水をたんまり飲ませて、おしっこをたくさんするようにすれば治りも早いと聞いた。「心配する必要はない」といわれてもやはり心配だ。ストルバイト尿石症は結構再発しやすくかかりやすい病気らしいので、オシッコのきれが悪そうだったり、トイレを失敗することが続いたら要注意だ!わんの飼い主の皆さん、お気をつけ下さい!
[PR]
by chibicchos | 2005-03-07 23:02 | Vet
line

Episode & Photo for ウェスティ&プチバセ


by chibicchos
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31